WILLCOM R&D SPORT
[X
QTv
[Xタ
hCo[vtB[
[XNC[vtB[
決勝レースレポート
第4戦:ツインリンクもてぎ(4.80138km)
予選1 予選2 予選総合 決勝
CAR No. 61 順位87711
タイム1'48.9131'48.4021'48.402

58LAP
ドライバー井口卓人山内英輝山内英輝 
決勝 2021.7.18(日) 晴れ晴れ コースコース:ドライ|58 Laps
11位でレースを終える

2021年 SUPER GT第4戦の決勝がツインリンクもてぎ(栃木県)で行われた。決勝日も前日に引き続き真夏の一日となった。

7月18日(日)
<決勝  63LAPS / 13:00?>
スタートは山内英輝が受け持つ。山内はスタート直後からペースが上がらず、徐々に先頭グループから離される。9周目あたりから後続車にかわされ徐々に順位を下げる。チームは予定通り早めのピットインを決定し、20周目にドライバーを山内から井口卓人に交代、タイヤ交換と給油を済ませる。他の車両もピットインを済ませ順位が落ち着いた28周目には12位を走行。しかしラップタイムを上げることは出来ず結果11位でレースを終える。なお、GT500クラスの優勝は#1 STANLEY NSX-GTが、GT300クラスは#2 muta Racing Lotus MCが制した。

監督:本島伸次
「昨日の練習走行から車の状況はだいぶ良くなったのですが、前半からトップ集団に離される展開となってしまいました。ドライバーもチームスタッフも頑張ってくれたのですが残念です。暑い中#61 SUBARU BRZ R&D SPORTを応援してくださったファンの皆様、本当にありがとうございました。気を引き締め、今回の原因を徹底的に分析して次戦鈴鹿に臨みます。」
ドライバー:井口卓人
「練習走行はかなり苦戦してしまいましたが、予選に向けて大幅にセッティング変更して、いい方向に向かったと思います。予選も、手探りの状態で攻めていき、なんとかQ1を突破しQ2でも7番手を獲得する事ができました。練習走行の事を考えると良くここまでこられたなと思いました。良くない時でも、なんとか良い状態に持って行けるのは、チーム力が高いからだと感じました。決勝レースは、想定以上に気温が上がり、スタートからチェッカーまで、どのタイヤでもレースペースが悪く、前を追うどころか後ろを見てレースをする苦しいレース展開になってしまいました。なんとかチェッカーは受けましたが11位、ポイントを獲得することができませんでした。次戦の鈴鹿に向けて、タイヤ選択や車両のセッティングなど、しっかり立て直して挑みたいと思います。」
ドライバー:山内英輝
「練習走行の結果を見るとQ1通過も難しい状況の中、予選にかけてチームが大きくセッティング変更してくれたおかげで、Q1も無事通過しQ2も練習走行時とは大きく違ってフィーリングが良くなり、7番手で終えることができました。ただ決勝はポイント圏内で終われるように頑張りましたが、残念ながらトップ10に入ることができませんでした。今回の原因をしっかり見つめ直して、次戦の鈴鹿に活かせるように頑張っていきたいと思います。ご声援よろしくお願い致します。」
予選レースレポート 予選レースレポート
決勝レースレポート 決勝レースレポート
チームフォトギャラリー チームフォトギャラリー
レースクイーンフォトギャラリー レースクイーン
フォトギャラリー