WILLCOM R&D SPORT
レース結果一覧
参戦概要
過去のレース実績
ドライバープロフィール
レースクイーンプロフィール
予選レースレポート
第4戦:ツインリンクもてぎ(4.554km)
予選1 予選2 予選総合 決勝
CAR No. 61 順位6443
タイム1'55.4181'50.2051'50.205

59LAP
ドライバー井口卓人山内英輝山内英輝 
2020.9.12(土) 曇り コース:ドライ
予選4位獲得

2020年 SUPER GTシリーズは、ここツインリングもてぎ(栃木県)で第4戦を迎え、今大会も新型コロナウィルスの感染防止対策の為、無観客開催で行われた。9月に入ってからの猛暑は一段落したが、朝から曇天で時折雨が降る微妙なコンディションの一日となった。第3戦鈴鹿の勢いのまま、ここもてぎでも上位を狙いたいが、ウエイトハンデも69圓肪し、Stop&GoのもてぎではBRZにとって決して有利とは言えない。

9月12日(土)
<公式予選 Q1/ 14:48〜14:58>
第3戦と同様、公式予選Q1が2組に別れ、それぞれ8位までがQ2に進める。今回も井口卓人がQ1を担当する。スタート時には小雨が降り出していたが、井口はドライタイヤでコースインする。しかし、すぐに他車のコースアウトにより赤旗中断となる。タイヤ選択の難しい路面状況の中、チームはウエットタイヤを選択しアタックを始める。計測2周目に1分55秒418のタイムを出し、6位でQ1を通過する。Q2は山内英樹が担当する。小雨が降る微妙なコンディションの中、山内はドライタイヤで徐々にペースを上げていき、計測4周目に1分50秒205のタイムを出し、めまぐるしく順位が変わる中、見事4番手で予選を終える。なお、GT500クラスのポールポジションは#38 ZENT GR Supraが、GT300クラスは#360 RUNUP RIVAUX GT-Rが獲得した。

監督:本島伸次
「午前中の練習走行の時点で、タイヤと車両とのセットアップに手応えは感じていましたが、この微妙なコンディションの中、二人のドライバーが頑張ってくれた結果ですね。明日の決勝では4位からのスタートを大事にして、結果に繋げたいと思います。応援宜しくお願い致します。」
予選レースレポート 予選レースレポート
決勝レースレポート 決勝レースレポート
チームフォトギャラリー チームフォトギャラリー