WILLCOM R&D SPORT
レース結果一覧
参戦概要
過去のレース実績
ドライバープロフィール
レースクイーンプロフィール
予選レースレポート
第2戦:富士スピードウェイ(4.563km)
予選1 予選2 予選総合 決勝
CAR No. 61 順位1442
タイム1'37.0111'36.4451'36.445

61LAP
ドライバー井口卓人山内英輝山内英輝 
2020.8.8(土) 曇りのち晴れ コース:ドライ
予選4位

2020年 SUPER GTシリーズは、ここ富士スピードウェイ(静岡県)で第2戦を迎えた。第1戦富士で残念な結果に終わった#61 SUBARU BRZ R&D SPORTではあるが、得意とは言えない富士での手応えは得ている。この日の富士スピードウェイは曇ってはいるが、梅雨も明け真夏の暑い一日となった。

8月8日(土)
<公式予選 Q1/ 14:30〜14:40>
今回もQ1はA組とB組に分かれて行われた。今回は井口卓人がQ1を受け持つ。計測3周目で1分37秒011のタイムを出し、A組トップで予選を終えた。

<公式予選 Q2/ 15:23〜15:33>
16台で行われるQ2は山内英輝が受け持つ。山内は計測4周目に1分36秒445を出すが、ポールタイムには及ばず4番手で予選を終えた。なお、GT500クラスのポールポジションは#8 ARTA NSX-GTが、GT300クラスは#6 ADVICS muta MC86が獲得した。

監督:本島伸次
「ポールポジションを狙っていただけに残念ですが、車に手応えはあったので、気持ちを切り替えて明日のレースに臨みます。ポジション4は決して悪くありませんし、良いレース展開に持って行ければ十分表彰台が狙えると思います。」
予選レースレポート 予選レースレポート
決勝レースレポート 決勝レースレポート
チームフォトギャラリー チームフォトギャラリー