WILLCOM R&D SPORT
レース結果一覧
参戦概要
過去のレース実績
ドライバープロフィール
レースクイーンプロフィール
決勝レースレポート
第3戦:鈴鹿サーキット(5.807km)
予選1 予選2 予選総合 決勝
CAR No. 61 順位9174
タイム1'59.8021'59.802

50LAP
ドライバー井口卓人 井口卓人 
決勝 2020.8.23(日) 晴れ晴れ コースコース:ドライ|50 Laps
4位獲得

2020年 SUPER GT第3戦の決勝が鈴鹿サーキット(三重県)で行われた。昨日より雲は多いが暑い真夏の1日となった。

8月23日(日)
<決勝  52LAPS / 13:00〜>
スタートは山内英輝が受け持つ。山内はスタート直後にポジションを上げる。オープニングラップでのクラッシュによるセーフティーカーが導入され、5周目に再スタートになるが、16周目に再びセーフティーカーが入る。22周目の再スタート後の翌周にピットイン、リアタイヤ2本交換及び給油、山内から井口卓人に代わり、素早いピットワークでコースに戻る。この時点で実質10位までポジションを上げ、その後3回目のセーフティーカーの再スタート後には7位までポジションを上げる。36周目に#25 ポルシェを抜き5位に浮上、その後表彰台を目指しプッシュし続けたが、4位でレースを終える。なお、GT500クラスの優勝は#23 MOTUL AUTECH GT-Rが、GT300クラスは#11 GAINER TANAX GT-Rが制した。

監督:本島伸次
「苦しい状況でのスタートでしたが、ドライバーもチームスタッフも素晴らしい仕事をしてくれましたし、最終ラップまでプッシュし続けた事が結果につながりました。最後まで#61 SUBARU BRZ R&D SPORTを応援してくださったファンの皆様、本当にありがとうございました。この勢いで次戦もてぎも頑張ります。」
ドライバー:井口卓人
「練習走行からグリップ不足に悩まされて、かなり苦戦をしました。予選でも非常に苦しい状況が続き、久しぶりにQ1敗退しQ2を走る事ができませんでした。僕自身、歯痒い予選になってしまったので、決勝では17番手スタートからなんとか挽回したいという強い気持ちを持って戦いました。セーフティーカーが何回も出る荒れたレースでしたが、運も味方して良いレースができて4位までポジションを上げる事ができました。チームの戦略、ピットのタイミング、メカニックさん達のピットワーク、山内選手の前半スティント、完璧でした。僕の予選を、チーム全体でフォローしてくれました。今日は、チームも車も本当に強かったです。応援していただいた皆様、応援ありがとうございました。引き続き精進します。」
ドライバー:山内英輝
「今回、想像以上に厳しいスタート順位となってしまいましたが、チームのピット戦略、井口選手の頑張りのおかげで4位で終える事ができました。この苦しい状況からの4位は、とても価値ある物だと思います。本当に感謝です。運も多くありましたが、みんなの頑張りで引き寄せた結果だと思います。またウエイトハンデを積むことになり、重くなっていきますが、今回予選での速さが無かった原因を追及し、次戦以降速さを取り戻せるように頑張っていきたいと思います。応援よろしくお願いいたします。」
予選レースレポート 予選レースレポート
決勝レースレポート 決勝レースレポート
チームフォトギャラリー チームフォトギャラリー