WILLCOM R&D SPORT
レース結果一覧
参戦概要
過去のレース実績
ドライバープロフィール
レースクイーンプロフィール
決勝レースレポート
第2戦:富士スピードウェイ(4.563km)
予選1 予選2 予選総合 決勝
CAR No. 61 順位14111128
タイム1'37.3711'37.0001'37.000

77LAP
ドライバー山内英輝井口卓人井口卓人 
決勝 2019.5.4(土) 曇りのち雨曇りのち雨 コースコース:ドライ|110 Laps
マシントラブルで28位完走に終わる

2019年 SUPER GT第2戦の決勝が富士スピードウェイ(静岡県)で行われた。午前中の晴天がうそのように、スタート直前に雨が降り出す。

5月4日(土)
<決勝  110LAPS / 14:30〜>
スタート直前に雨が降り出し、殆どのチームがスターティンググリッドで慌ただしくレインタイヤに交換してレースに臨む。ウエット路面のためセーフティーカースタートにてレースは始まった。スタートを受け持った井口卓人は、難しいコンディションの中ポジションを一つ上げるが、12周目に雨が強くなりセーフティーカーが入り、16周目に赤旗中断となる。中断後30分で雨も止みセーフティーカースタートでレースは再開された。路面も乾きかけた38周目にピットイン、給油とスリックタイヤ4本に替えて山内英輝に代わる。山内はポジションを7位に上げ、73周目にピットインし再び井口に代わる。しかし、順調なレース展開かと思われた78周目、ストレートエンドで突然ボンネットから白煙が上がりコース脇にストップしレースを終えてしまった。なお、GT500クラスの優勝は#38 ZENT CERUMO LC500が、GT300クラスは#11 GAINER TANAX GT-Rが制した。

監督:本島 伸次
「残念な結果に終わりましたが、シーズン前から色々やって来た事により、この苦手とされる富士で十分戦えるBRZになった手応えは感じます。まだまだやらなくてはいけない事はたくさんありますが、SUBARUファンの方々に早くトップを走るBRZを見てもらえるよう頑張ります。」
ドライバー:井口 卓人
「今回のレースは非常に苦戦をしました。しかし、そんな中でチーム一丸となり、決勝レースでは力強いレースができたと思います。残念ながらトラブルによりコースサイドに車を止めることになりました。次は、得意とする鈴鹿サーキットなので、トラブルを解消し、優勝目指してがんばります。」
ドライバー:山内 英輝
「今回の予選では少しマシンバランスに苦戦しましたが、決勝では改善され、展開も途中まで良い流れではあったのですが、マシントラブルにより止まってしまう形となりました。この悔しさは結果でしか消せませんので、次戦も結果を残せるように頑張りたいと思います。」
予選レースレポート 予選レースレポート
決勝レースレポート 決勝レースレポート
チームフォトギャラリー チームフォトギャラリー
レースクイーンフォトギャラリー レースクイーン
フォトギャラリー