WILLCOM R&D SPORT
レース結果一覧
参戦概要
過去のレース実績
ドライバープロフィール
レースクイーンプロフィール
決勝レースレポート
第5戦:富士スピードウェイ(4.563km)
予選1 予選2 予選総合 決勝
CAR No. 61 順位1166-
タイム1'38.3691'38.1561'38.156

20LAP
ドライバー山内 英輝井口 卓人井口 卓人 
決勝 2018.8.5(日) 曇り曇り コースコース:ドライ|177 Laps
無念のリタイア

2018年 SUPER GT第5戦の決勝が富士スピードウェイ(静岡県)で行われた。昨日に引き続き真夏の厳しい日差しの中13時30分、昨年より300卍垢ぃ毅娃娃唯稗味邸複牽娃悪辧縫譟璽垢六呂泙辰拭


8月5日(日)
<決勝  177LAPS / 13:30〜>
スタート直後に富士独特の長いストレートで、最高速の速い後続車にパスされないで周回出来るかが勝敗のカギである。予選は単独でラップ出来るので、コーナースピードでタイムを稼ぐ事が出来るが、決勝レースではそうはいかない。パレードラップそして1周のフォーメーションラップ後、500マイルレースのスタートは切られた。スタートを受け持った井口卓人はポジションを守ろうとするが、昨日から高温でのタイヤとのセッティングに苦しめられているBRZでラップタイムを上げることが出来ず、徐々に順位を落としていく。9位にポジションを下げた21周目、13コーナーで突然のペースダウン、残念ながらレースを終える。なお、GT500クラスの優勝は#36 au TOM’S LC500が、GT300クラスは#55 ARTA BMW M6 GT3が制した。

監督:本島 伸次
「序盤ポジションは下げましたが、800劼箸いδ甲場のレースですのでチャンスはまだまだ有ると思っていました。あまりにも早いリタイアで残念です。問題点を洗い出し、次戦菅生ではSUBARUファンの方々にトップを走るBRZを見てもらえる様頑張ります。」
ドライバー:井口 卓人
「練習走行では上位につけることが出来て、期待を持って予選に挑みました。しかし、気温が高くなったせいか思い通りのバランスにはならず、難しい予選になりました。決勝は6番手からスタートをし、1つでも上の順位をと思い攻め続けましたが、21周目にトラブルが発生してしまい、リタイアとなりました。 完走できないのは本当に悔しいですが、後半戦に向けて結果を出せるようにチームと共に頑張ります。」
ドライバー:山内 英輝
「今回は練習からマシンバランスに悩まされ、少し苦しい状況でした。決勝でも井口選手が苦労して走行を続けていたので、次のピットインでは、予定していたタイヤとは違うタイプのものに変更して、何とか巻き返しをしたかったのですが、残念ながらトラブルで決勝を終えてしまいました。次戦までにテストが数回あります。そこで耐久性と共にマシンの開発も進めていけるように頑張りたいと思います。今回も応援ありがとうございました!」
予選レースレポート 予選レースレポート
決勝レースレポート 決勝レースレポート
チームフォトギャラリー チームフォトギャラリー
レースクイーンフォトギャラリー レースクイーン
フォトギャラリー