WILLCOM R&D SPORT
レース結果一覧
参戦概要
過去のレース実績
ドライバープロフィール
レースクイーンプロフィール
決勝レースレポート
第4戦:THAILAND(0km)
予選1 予選2 予選総合 決勝
CAR No. 61 順位1066-
タイム1'43.4151'33.1671'33.167

19LAP
ドライバー井口 卓人山内 英輝山内 英輝 
決勝 2018.7.1(日) 晴れ晴れ コースコース:ドライ|66 Laps
無念のリタイア

2018年 SUPER GT第4戦の決勝がタイで行われた。首都バンコクから北東に400劼飽銘屬垢襯船礇鵝Εぅ鵐拭璽淵轡腑淵襦Ε機璽ットは、昨日とは異なり雨の降らない一日となった。


7月1日(日)
<決勝  66LAPS / 15:00〜>
今回は山内英輝がスタートドライバーを受け持つ。山内はポジションをキープし、淡々と上位を狙う。1分35秒台で周回を重ねた19周目、1コーナーで後続車に後ろから接触されスピン。何とかコースに戻るが、10コーナーでストップ。山内から、何らかのトラブルが起こりコース脇にストップとの無線が入る。マシンはコースに戻る事は出来ずレースを終える。なお、GT500クラスの優勝は#39 DENSO KOBELCO SARD LC500が、GT300クラスは#11 GAINER TANAX GT-Rが制した。

監督:本島 伸次
「序盤から苦しいレース展開で、残念な結果に終わってしまいました。次戦富士はBRZの性能を最大限に出し、結果につなげるよう頑張ります。」
ドライバー:井口 卓人
「練習走行から良いフィーリングではなく、かなり苦戦をしました。予選前にスコールが来て、Q1はウエットでの走行になりました。ドライ同様にグリップ感が薄く苦戦をしましたが、なんとか通過しQ2に繋ぐことができました。Q2では山内選手が素晴らしいタイムを記録してくれましたが、速い車両が多く予選6番手となりました。決勝がスタートしても苦戦が続き、後ろからプッシングされスピン、その後復活するもののトラブルが出てしまい、リタイアという結果になりました。タイのレースは3年連続のリタイア。僕自身2年連続で決勝レースを走れなかったので、本当に残念です。」
ドライバー:山内 英輝
「決勝のペースも悪く、トラブルも出てしまい、残念な結果に終わってしまいました。次戦の富士は、前回調子が良くトップ争いが出来ていたので、リベンジが出来るように頑張りたいと思います。長いレースですが、皆さんの青い旗を見て一生懸命頑張ります。応援よろしくお願いいたします。」
予選レースレポート 予選レースレポート
決勝レースレポート 決勝レースレポート
チームフォトギャラリー チームフォトギャラリー
レースクイーンフォトギャラリー レースクイーン
フォトギャラリー